ma_経営診断 Feed

2017年7月 9日 (日)

耳を無くした佛は多聞天に出世できない

暴力メールの来襲

 ある経営者仲間から一方的に届く広報メールに煩わしさを覚えていた。この広報メールの冒頭に社長の一文がある。文面の表現は勇ましいが、打ち上げる花火のような空しさと謙虚さの欠如に嫌気が差した。メールで事務局宛に、「読むのが苦痛です。苛立ちも覚えます」と配信中止の依頼をした。自分の体の管理も疎かな人の大言壮語の戯言は読みたくも無い。多くの偉人の言葉を引用して激を飛ばしても、自分の言葉になっていないので空しい。まず感謝の心が伝わってこない。これでは社長メッセージを読むのが苦痛である。HPやブログと違い、広報メールは来れば読まねばならぬ。無為なメールは顧客の時間を奪う暴力である。(2015年1月20日)

現代の裸の王様イソップ物語

 それで、何か反応があるかなと内心期待をしていたら、全くの無反応で拍子抜けをした。社長の名刺には「いかなるクレームも社長の自宅に電話」とある。わざわざクレームの電話を社長にするなどは、電話する方が気苦労である。電話をする方だって、1秒1円のコストがかかっている。アホな社長に電話をするくらいなら、己の顧客の面倒を見る方がもっと大事である。上記の「社長の自宅に電話」こそが傲慢そのもの姿勢である。下々が己のために時間を割いて会社を良くしてくれる情報を上げてくれると思うのは驕りである。その驕りが社長の名刺に表れている。本来、声なき顧客の声を聴くのが広報の事務局である。広報の事務局は社長にこの件を報告しなかった。広報メールの受け取り拒否は、顧客からのクレームである。それを社長に報告しなかった事実は、社長が裸の王様になったことを示す。事務局は社長に言っても仕方がないと、社長の耳に入れるお役目を放棄した。事務局は高野山の中門に相当する。中門に立つ四天王として一翼を担う多聞天のお役目は、会社で言えば広報事務局、国で言えばCIAである。顧客からの声が届かないのは、知らぬは社長ばかりなりの裸の王様イソップ物語である。(2015年2月4日)

経営如来を目指して

 耳を無くした佛は、多聞天にはなれない。まず多聞天に出世しなければ、経営如来には昇格できない。多聞天とは佛界のCIA長官である。八百万の神が下す経営会議の決議が、己の病気である。それが大企業病の初期症状である。たった一通のメールの対応で、会社の経営診断が可能である。返事が無いという情報も、会社経営分析のためのデータである。情報の氾濫する現代社会の中で、情報なき情報を聴き、声を観るのが大事な第三の目である。己という60兆個の組織に向けられる声なき声を聴こう。身の回りの佛は、己の良きも悪きもお手本として人生劇場を演じてくれる。良き人生経営であるために心して観察しよう。人は山には躓かない。蟻塚につまずく。大言壮語する人が怪我をする。まず足元を固めることである。前のめりで焦っていては、声なき声も聴こえまい。現在も状況は変わっていない。相変わらず、無為なメールが届く。この会社にはブレーキがない。(2017年7月9日)

毘沙門天とは

 毘沙門天とは、別名「多聞天」とも呼ばれる。多聞天の名前の由来は、日に何度も法を聞くことから名付けられている。「法」とは「三水」の「水」が「去る」と書く。水が上から下に流れるのは、何時でも何処でも誰にでも当てはまる法則である。その行為がその自然界の法則に合っているか、それを自問すれば、時間節約の答えは自ずと見える。法に反した行いは経営損失の最たるの。人生の「法」程式を覚えよう。人生の受験勉強には、法程式を記憶するに限る。

多聞天を支えるもの

 毘沙門天の足元にいる邪鬼界の阿恵と吽形は、悪さの限りをしていたのだが、「そんな悪さをしていて、お前の3000万年後の人生(鬼生?)はどうなるのか。上の界(人間界)に生まれ変わりたくはないのか。今のままでは畜生界か地獄界へ落ちるしかないではないか」と仏のお諭しとお導きで改心して仏心を得た姿を象徴している。その姿の現れとして、毘沙門天の足元で、阿恵と吽形が足場として支えている。毘沙門天は本来、岩に上に鎮座されているものだが、阿恵と吽形が自分の背中を差し出して、毘沙門天に足場を提供している。

 毘沙門天を支えるこの群青と赤の阿恵と吽形は陰陽の世界も象徴している。どんなものでも裏と表、プラス・マイナス、良い点、悪い点があることの象徴でもある。目の前に現れる事象には、いい面も悪い面もあり、それを総合判断して法により判断しろとのメッセージでもある。人生の経営者にはそれを見極める能力が求められる。そのためには、法を学ばねばならない。

事象を総合判断してこそ経営者

 六界とは、天上界、人間界、修羅界、畜生界、餓鬼界、地獄界である。どんな人生でも、この六界がある。パチンコの人生でも、チンジャラと玉が出まくるのが天上界、玉が出んぞ!とパチンコ台のガラスを叩いて叫ぶのが修羅界、全てスッテしまってとぼとぼと家路につくのが畜生界、それが原因で家で恐妻と大喧嘩をするのが地獄界である。人の一生でも同じように、六界が入れ替わり立ち代わり表れる。大学に合格すれば天国で、左遷されれば地獄界である。地獄界でじっと修行をすれば天上界への道が拓ける。社長は、社員のために地獄界を天上界に変える責任がある。己が自分株式会社の経営者として、今の地獄界どう変えるかが問われる。そういう状況で、社長の貴方はどう戦ったのか? 社長には、やったことだけでなく、やらなかったことにも責任が問われる。

 

2017-07-09

久志能幾研究所 小田泰仙  HP: https://yukioodaii.wixsite.com/mysite

著作権の関係で無断引用、無断転載を禁止します。

2017年7月 8日 (土)

「病気と闘う」とは佛様に対する暴言

病気になった真因

 病気になった原因は己にある。佛様は己の体を慈しみ、最高の結果として病気を授けたのだ。日頃、適量以上に食べ過ぎれば、爬虫類の脳は、この40億年間の飢餓状態に思いを馳せ、餓死を防ぐために己のお腹に脂肪をせっせと溜めるため本能を働かせる。食べ物が豊富にあるのは、有史以来でこの数十年間にしか過ぎない。それまではずっと飢餓状態であった。食べ過ぎれば太り、結果として高血圧、糖尿病になるのは、生理学的に最高の結果である。食べ過ぎて痩せるならば、自然界の「理」に合わず、仏さまが悩んで鬱病になってしまう。

ガン発病の真因

 ガンとはストレスや食べ物が原因の腫瘍で、種の保存の本能で悪いものを一箇所に集めて全体に拡散させないために起こる結果である。そこを手術で除去すれば当然、集める場所を新たに作ることになる。それがガンの転移である。ガンになった原因を除去しない限り、ガンは無くならない。父は2001年に胃癌と診断され、胃の全摘をすれば完治するとの医師の言葉を信じて、胃全摘手術を受けた。その後、肝臓に癌が転移をして胃の全摘手術後の1年後に世を去った。医師を信じて胃の全摘手術を承諾した己の愚かさにはを今も慙愧にかられる。その真因を加工食品やマーガリンの不適な食材だと推定している。

高血圧の真因

 高血圧も血管の硬化や血管内部にプラークが堆積したため、血圧を高めないと毛細血管の細部まで血が行き届かないので、血圧を上げて生命の維持を図っているに過ぎない。それを佛の働きという。病気と闘うのではなく、頂いた病気を佛様からの啓示と受け止め、病気と共存して生活習慣を正す。それが病気という赤信号で報せてくれた佛様へのご恩返しである。その警告を無視して、降圧剤を飲み、対処療法だけで済ませて、生活全般の悪習を改めないから、血の巡りが悪くなり認知症になる。血液の大事な免疫酵素が隅々まで運ばれないので、ガン等の病気になりやすくなる。母は肥満・高血圧に起因する脳内出血・脳梗塞が原因のため69歳で世を去った。要は運動をせず食べ過ぎである。

私の大腸ポリープの真因

 私は2009年の体調不良で、病院の門を叩いて診察を受けたご縁で大腸ポリープが見つかった。大腸ポリープが体調不良の原因ではなかったが、病院の門を叩いての成果であった。すぐに内視鏡で切除手術を受けて完治はした。その時、5つの小さいポリープが出来ていたが、病理検査の結果、4つはシロであったが、一つが5段階の第3レベルの癌かもしれないというグレーゾーンの判定であった。それでビビッてしまった。病院は「あなたはポリープができやすい体質なので、毎年、内視鏡検査を受けなさい」という指示であった。大慌てで本を読み漁り、その対策を打った。自分で調べて納得したこの真因は、便秘、野菜摂取の少なさ、肉類・揚げ物等の食べ過ぎ、体の冷やしすぎであった。それで、毎日水分1.5リットルの補給、お風呂に10分間入るなどの生活習慣を改め、食事を改善して対応した。その結果、8年経った現在は健康で、内視鏡検査を毎年など受けないで済んでいる。元を絶たなきゃダメですよ。対処療法は一時しのぎである。

種族保存のしかけ

 人間は他の命を奪うことで生きている。太るとは食べ過ぎであり、他の命を必要以上に殺めているという佛の警告である。自然界の共生に反する行動であり、罰が当たった結果が病気である。例えば、種の保存の防衛手段として、卵には食べ過ぎると毒になる成分が含まれている。その毒が痛風を発症させる。だからタラコや明太子、キャビアの食べ過ぎは危険である。卵だってそうしないと、食べ尽くされて種族滅亡に追い込まれる。卵さんも必死なのです。卵さんの身になって考えよう。美味しいものには毒があるは、真理です。

入れるより出すことが大事

 食べ過ぎて出すことをきちんとしないから、老廃物が体内に蓄積して病気なる。入れるより出すことが大事なのだ。頭に血のめぐりを良くさせないから、認知症、うつになる。金を貯めるだけで出さないから、日本の景気が良くならず、子孫の醜い相続争いが起こる。経済の病気である。人間の体もお国の経済も同じ原理である。ご縁の恵みを回さず、不義理をするから、不運という病気になる。悪縁を排除しないから、同類の悪縁が寄ってくる。全て自分の責任である。不運の御祓いを神仏に願ってもお門違いである。病気、事故、不運は全て神仏からの啓示である。悪い生活習慣を変えず、薬やご祈祷のお札だけの対処療法で治そうとするから、佛様の反撃を食らう。仏さまだって、不節制の人間を病気にしないと、他へのシメシがつかない。仏さまの身になって考えよう。罪ある人間に病気を与えないと仏さま達の役員会で怒られてしまう。

親の最期の教え

 親は死ぬことで、「あんたもいつかは死ぬんだよ。私たちの死にざまをよく考えて、これから生きる糧にしてくれ」と言って最期の教えを示して死んでいった。己はそこから何を学ぶのか? 親と同じ過ちを繰り返すのか? それこそが親不孝である。

医師は治療をするが治せない

 気づいた時点で、改めるべきことを改めれば、佛様のご加護がある。1日早ければ1日早い、病魔・悪縁からの離脱がある。病気とは自分で治すもの。病院は金の儲かる治療はするが、病気は治せない。治すのは本人である。本人が治す気にならないと、病気は治せない。気づいたときが、最高の始める時である。死期が目前でも、一日一生の信念で、一秒でも早く方向転換をすべしだ。人は死ぬ直前まで、魂を成長させるべきである。それが魂を持った人間の勤めだ。そのためにも長寿であるように日頃の生活を心して送るべきだ。

 

2017-07-08

久志能幾研究所 小田泰仙  HP: https://yukioodaii.wixsite.com/mysite

著作権の関係で無断引用、無断転載を禁止します。

カテゴリー「経営診断」追加

 今回、新たに「経営診断」というカテゴリーを追加しました。経営コンサルの立場で観察して目に付いたエピソードを掲載します。人生道を走るのも、自分の健康管理も、会社の経営も基本は同じです。

 

久志能幾研究所 小田泰仙  HP: https://yukioodaii.wixsite.com/mysite

著作権の関係で無断引用、無断転載を禁止します。